花粉症について

今回は、2021年の花粉症についてです。

●飛散開始時期について

2021年の花粉飛散は、2月上旬に関東から開始し、2月中旬には近畿や東海など西・東日本の広範囲で、2月下旬には北陸や東北南部、3月上旬には東北北部で飛散が始まると予測されています。西日本から東日本で平年並、北日本では平年並からやや早くなると予想されています。

●飛散量予想について

2021年のスギ・ヒノキの花粉飛散量については、全国的に平年を下回り、全国平均では平年の70%程度になると予想されています。ただし、飛散量が少なかった2020年と比べると、花粉の飛散量は北海道と東北北部の一部を除いたほとんどの地域で多くなり、飛散量が前年の2倍を大きく上回る地域もあると予測されています。

花粉症の治療は、軽くても症状が出たら、内服を開始することが推奨されています。花粉は飛散開始となる前から、わずかな量が飛びますので、早めの対策を心がけてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です