内科

内科とは

内科

内科は専門領域の枠にとらわれることなく、患者様の全身を診療していきます。具体的には、風邪(発熱、鼻水・鼻づまり、咳・痰、喉の痛み など)をひいた、インフルエンザの疑いがある、突然の腹痛、嘔吐・吐き気、下痢に見舞われたといったものから、動悸がする、息苦しい、胸が締め付けられるように痛いなど、日常でよく起きるとされる急性症状が中心になります。

また、すこぶる体調は悪いものの原因がよくわからないので、どこの診療科に行けばよいかわからないという場合も内科をご受診ください。患者様の症状をつぶさに観察、訴えを聞くなどし、必要であれば詳細な検査をするなどして適切な診療科へとご案内いたします。なお初期診療の結果、入院加療あるいは高度な医療機器による検査や治療が必要という場合は、当院と連携している総合病院や専門の医療機関を紹介いたします。

このほか、長い治療期間を要するとされる慢性疾患にも対応しています。例えば、日頃からの生活の乱れ(過食・偏食、運動不足、喫煙、多量の飲酒 など)をきっかけとして発症する生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症 など)、アレルギー疾患(花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、じんましん など)、頭痛、貧血、便秘などをよく繰り返す、不眠に悩まされているといった症状や病気につきまして診察、検査、治療をしますので、お早めにご来院ください。

生活習慣病はこちら

このような症状はご相談ください(例)

内科でよくみられる代表的な疾患

急性疾患
風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)、尿道・膀胱炎、熱中症など
慢性疾患
生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(痛風) など)、貧血、頭痛、骨粗しょう症、不眠症、アレルギー疾患(アトピー、花粉症、じんましん) など