超音波検査(腹部・心臓)

超音波(エコー)検査とは

超音波(エコー)検査 超音波(エコー)検査とは、人の耳では聞きとることが難しいとされる超音波を超音波検査装置から検査したい部位の表面(腹部や胸部 など)に向けて発信し、体内の臓器や組織にぶつかった反射波(エコー)を同装置が受診、それを装置内にてコンピュータ処理することで、調べたい部位が画像化されるようになるという検査です。これによって、病変が疑われる部位の診断などがつけられるようになります。同検査はX線を使用しませんので、放射線被爆を心配する必要はなく、苦痛が伴うこともありません。当院では、腹部超音波検査、胸部超音波検査を行っています。

腹部超音波検査(腹部エコー)

腹部超音波検査とは

腹部の臓器(肝臓、胆のう、膵臓、腎臓など)や血管に異常がないかどうかを調べる検査になります。検査を受ける前提条件として、まず絶食をした状態にする必要があります。検査時は、検査台の上に仰向けとなって、腹部にジェル状のものを塗ります。そして探触子(プローブ)を腹部に押し当て、お腹の中の臓器(肝臓、胆のう、膵臓、腎臓など)の画像をモニタで観察していきます。検査する部位によっては、横向きや座位になることもあります。また検査中は一旦呼吸を止めるなどの指示もあります。検査時間は15分程度です。

腹部超音波検査で見つかる主な病気

心臓超音波検査(心エコー)

心臓超音波検査とは

心臓の形態(大きさや形)、心臓の動き、心臓内の血液の流れなどを確認することで、心疾患の有無などについて調べていきます。これも検査台の上に横になって心臓部の周囲にジェル状のものを塗り、探触子(プローブ)を心臓部等に当てるなどして、心臓の大きさや形、働きなどをチェックし、異常の有無などをみていきます。検査時間は20分ほどです。

心臓超音波検査