高血圧の治療目標について

今回は、高血圧治療されている方の目標値についてです。

高血圧によって起こる各種疾患を予防するために、降圧目標が定められています。降圧目標は年齢や基礎疾患によって異なります。

75歳以上の高齢者、両側頸動脈狭窄の認められている脳血管障害患者、尿蛋白陰性の慢性腎臓病患者は、家庭血圧で135/85mmHg以下、診察室血圧では140/90mmHg以下へのコントロールが推奨されています。

一方で75歳未満の成人、両側頸動脈狭窄の認められていない脳血管障害患者、冠動脈疾患患者、尿蛋白陽性の慢性腎臓病患者、糖尿病患者及び抗血栓薬使用中の患者は、家庭血圧で125/75mmHg以下、診察室血圧では130/80mmHg以下と、更なる厳格な血圧コントロールが推奨されています。

高血圧治療ガイドライン2014、日本高血圧学会編より

【図2】治療による目標血圧値(成人血圧、単位:mmHg)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です